FC2ブログ
4月で新年度が始まりました。
何と最後に書いたブログは1年前、、、、
スウェーデンに行って以来アップしていませんでした(^_^;)
あらためて1年間のハイライトの振り返りをしたいと思います。

From April, a new fiscal year in Japan started.
The last time I updated my blog was a year ago,,,
Since I went to Sweden...
I would like to take this opportunity to give you my hightlights of the past year.

4月
恵先生と広島で講演、、、、受講生とのランチ会。
April
With Kay sensei, we were invited to Hiroshima to do a key note speech and workshop,,,, a nice time with our Hiroshima graduates.

hiroshima1.jpg hiroshima2.jpg

5月
ホノルルトライアスロン、私のトライアスロンシーズン開幕(私の恒例行事となっています)
May
Honolulu Triathlon, my triathlon season begins (this has become an annual event)

honotri1.jpg honotri2.jpg

ボルボさんのお仕事がスタート。私は一宮と神戸の担当となり、忙しく飛び回る生活になります。スタッフ全員とのトレーニングのため、ディーラービジネスの理解が深まります。
A big project with Volvo starts. I am in charge of dealerships in Ichinomiya and Kobe, this is the beginning of my globe trotting life. The training covers all levels of staff throughout the store, my cunderstanding of dealership business operation deepens.

4blog1.jpg

6月念願だったハーフアイアンマンを完走。去年8時間内で完走できず、今年は6時間46分で完走し、本当にうれしい!
June
Finished my 70.3 half Ironman. I could not finish in the time cut off of 8 hours last year. This year, I made it in 6 hours and 46 minutes,,,a very happy girl indeed!

4blog2.jpg 4blog22.jpg

7月
外資系メーカーさんのエグゼクティブコーチング。工場も見学し、クライアントさんの業務への理解度を高めます。
July
Executive Coaching for a supply chain director. Visiting the factory and comprehending the operations at a deeper level.

4blog3.jpg

久しぶりの上海、、、、ディーラーさんのお勉強、、、、中国の人たちのパワーが半端ではない!
It's been a while since I last visited Shanghai,,,,research project for dealerships,,, I am always amazed at the energy of the Chinese people there!

4blog5.jpg

いとこたち(女子6名)と韓国旅行、、、キーセンの気分に酔いしれます。親戚とこのような旅行ができるのはとても貴重で幸せ、、、
A trip to Korea with my cousins (6 ladies), dressing up as Korean Geisha girls was a lot of fun. It is so precious to be able to travel like this with my relatives, I am blessed!

4blog4.jpg

8月
6か月で11kg減量。北海道洞爺湖で行われるアイアンマンに向けてやれることはすべてやりました、、、、、、
が、自転車の180キロ終えたところで10分のタイムオーバー、、、、来年に向けてリベンジが始まる、、、
ここまで来れたのも私のカラダコーチ、田中素美さんのおかげです。健康的に減量したい方、彼女の指導はおすすめです。ありがとうございました!
August
I have lost 11kig (24lbs) in 6 months, did everything I can to prepare for the Ironman Japan race in Hokkaido....
But, after finishing the 180km leg of the bike, my time was over by 10 minutes,,,,the revenge for next year starts,,,
Thank you to Motomi、my beauty coach to help me get here!

4blog6.jpg 4blog7.jpg

9月
西濃運輸さんの全国のトレーナーのみなさんへの教育、、、おいしい飛騨牛を頂きました!
研修が始まって以来、ドライバーさんの定着率、モチベーションが上がり、その結果もっとも利益を出した一年になりました!
September
Train-the-trainer for Seino Transportation,,,,treated us to their wonderful Hida beef!
Since this training, the trunover rate of the truck drivers decreased and their motivation increased resulting in the largest profit ever!

4blog8.jpg

シーズン最後のトライアスロンの大会、、、新潟県村上市にて、、、自己ベスト更新!
My last triathlon race of the season in Murakami, Niigata. I broke my personal best!

4blog9.jpg 4blog24.jpg 4blog23.jpg

10月
ノバルティスさんの大型プロジェクト。全国のMRの皆さんへトレーニングが始まりました。
宇田川トレーナー、佐藤誠トレーナー、高橋伸明トレーナー、堀口康郎トレーナー、吉川紀子トレーナーがプロジェクトチームとして全国を飛び回ってくださいました。
私は沖縄・九州、近畿を担当し、東京駅か羽で空港には週何度も行くことに、、、、
おかげさまで憧れのちゅら美水族館にも、、、
October
A huge project with Novartis Pharma begins. Trainig the Medical Reps nation wide.
Akiko, Makoto, Nobu, Yeslow, and Noriko on the project team as Trainers/Coaches, flew all around Japan to train.
My district was Okinawa, Kyushu and Osaka area. I don't know how many times during the week I had to go to Tokyo Station and Haneda Airport,,,,
I got to visit the famous aquarium in Okinawa,,,

4blog10.jpg 4blog12.jpg

マイケル・グリンダー先生をお呼びして、「非言語」を学びます。言葉を話さなくても多くの情報が読み取れるスキルを学び、自分のトレーニング力が上がりました!
Invited Miachel Grinder and learned the magic of 'Non-verbal language.' Eliciting information without conversing,,,this truly enhanced my training skills!
4blog11.jpg

年間を通して、イギリスからニック・ケンプさんがPCW認定コースを開催しました。ユーモアも交えながらのここでの興味深いテクニックを学び、私のエグゼクティブ・コーチングのスキルは大幅に拡大します。
Throughout the year, Nick Kemp from UK came to train the PCW (Provocative Change Works) Practitioner Certification. With the humour and interesting techniques I learned here, my Executive coaching skills truly expanded.
4blog25.jpg

夢の実現!
私が育ったトロントにてカナダ最大手のトヨタ・レクサスディーラーさんに「リーダーシップサミット」- マネージメントトレーニングを行いました! 海外で、英語でのトレーニングを行うことを夢見ていたので奇跡のようです!35年会っていなかった幼なじみにも再会!
A dream come true!
I got invited to conduct a management training for the largest Toyota/Lexus Dealership in Canada. To do training in English overseas had been my dream so this is truly a miracle! Toronto is the city I was brought up in, and I was able to meet up with friends back 35 years!
4blog13.jpg 4blog15.jpg 4blog14.jpg

15年ぶりのニューヨークも感動的でした!念願だったセントラルパークでのランニング!そしてタイムズスクエア、、、
A trip to NYC, the last time here was 15 years ago! I've always wanted to run in Central Park! And Times Square!
4blog16.jpg 4blog26.jpg

トライアスロンのスイムスクールに通って3ヶ月、、、何とかクラスについて行けるようになりました(^_^;)大人になって何か上達するということはとても励みになりますね!
3 months passed, going to a Triathlon Swim class and I am able to atleast keep up with the class. It is truly motivating to become better at something especially after becoming an adult!
4blog17.jpg

11月
名古屋工業大学で英語を教えている外国人の先生方に「パフォーマンスの高い人の特徴」の講演をしました。私の名古屋時代の高校の同窓会もあり、感動的な再会も!やはり名古屋は味噌煮込みうどん!最高です!
November
Gave a workshop to English teachers at Universitites at Nagoya Institute of Technology, 'Characteristics of high performance people.' I was able to go to my highschool reunion from my days in Nagoya, great reunion! Well I must say, Nagoya has the best Miso Noodle Soup!

4blog18.jpg 4blog19.jpg

12月
1年前の目標であったハワイでの社内旅行実現!ものすごい達成感があります!
December
My year end outcome was to take all of my company staff to Hawaii, it came true! Iam truly satisfied!
4blog21.jpg 4blog20.jpg

2014年度の目標は:世界初のアドバンスNLPマスターコース開催
8月にアイアンマンになる!
エグゼクティブコーチの養成
新しい大型プロジェクトをゲット!
12月のハワイ社員旅行 です。
今からわくわくしています。

My goals for fiscal 2014 are:To conduct the first NLP Advanced Master Course in the world
To become an Ironman in August
Train coaches to become Executive Coach
New account for huge corporate projects!
All staff trip to Hawaii in December
Iam really excited!





スポンサーサイト



2014.04.09 Wed l 堀口 紫 l top ▲
今年に入って1つ夢が実現しました。
ヨーロッパの自動車メーカーの日本での研修を担当することになりました。

One of my dreams came true this year.
I got chosen to be on the team for training for a European auto maker.

信じられないくらいの厳しいオーディション(4つのプレゼンテーションを各1時間ずつ英語と日本語で)があり、受かったときは感無量でした!この年齢になってオーディションを受けるようになるとは思いもよらなかったです!
本社はスウェーデンのイェーテボリにあり、本社で徹底的に教育を受けて来ました。
北欧は初めてだったので行く前からわくわくしました!
3月の下旬だというのにマイナス8度!街中凍りついています。

After a very intense and strict assessment/audition(consisting of 4 different presentations, in English and Japanese), by the time I heard back that I got chosen, I was overwhelmed by happiness! I never thought I'd be going to an audition at this stage in my life!
Their corporate HQ is in Gotebourg, Sweden. They trained us thoroughly about their brand and products. This was my first time ever to visit Northern Europe so I was very excited! Even during the last week of March, it was minus 8 degress and the whole city was frozen!

Gote1.jpg Gote2.jpg

北欧と言えば、デザインセンスの良さ、、、とにかくインテリア、建築、色使い、、、ものすごく洗練されていて目立たず、シンプルかつ時空を超えた感性が素晴らしいです。
泊まったホテルは元イェーテボリ中央郵便局の建物を改装したもの、築88年くらいなのでヨーロッパの水準から行くと決して古くはありません。

When we hear about 'Scandinavian countries,' they are known to have great taste in their designs....especially interior decorating, architecture and the way they use the colors. It is very hip, trendy, doesn't stand out, very simple and the fact that their designs are timeless is what makes it attractive.
The hotel we stayed used to be the Central Post office of Gotebourg. It is about 88 years old,,,,not so old from European standards.

こんなに冬の時期が長くて暗い土地でなぜこのようにデザインの領域が進んでいるのか私はとても不思議でした。答えは実にシンプルなもの、、、冬場は極寒、そして日照時間は2時間くらいのため、室内ですごく時間がとても長いです。このように厳しい中、快適に過ごすために必要なこととして生まれたのでしょう。

For me, I was very curious to know why a country with long cold and dark winters can have such progressive designs.... The answer is quite simple,,,,,The winters are very harsh, and the day light couple of hours,,,,so they spend a lot of time being indoors. So in order to have a pleasent, comfortable environment, interior designs was a must.
Gote3.jpg Gote4.jpg Gote5.jpg
Gote6.jpg Gote13.jpg
Gote14.jpg

スウェーデンの食事の特徴としてピクルスなどの保存食がとても豊かです。酢漬けのニシンの種類は多く、さなざなば」マヨネーズ系のソースであえてあります。ニシンとは言えとても新鮮で刺身がソースに絡めてあるようなおいしさでした。スウェーデンでは木曜日に豆のスープとパンケーキのセットを食べる習慣があります。昔、キリスト教徒は金曜日が断食の日だったようで刻んだハムがたくさん入った豆のスープが腹持ちが良いため、食べていたようです。近年になって豆のスープだけでは寂しいということで、スウェーデン人が大好きなパンケーキが添えられるようになったとか、、、、こちらのパンケーキはクレープのように薄くてもちもちしていてキイチゴなどのベリーソースと生クリームをたっぷりとかけていただきます。

The characteristics of Swedish food is that they are abundant in preserved kind of foods, such as pickles, beets and many kinds of pickled herring. They seem to have varieties of mayonnaise based sauces. Though they are preserved herrings, it was very fresh and tasted like pickled sashimi. The Swedish have a custom to eat 'Pea soup & pancakes' on Thursdays....Apparently, Friday used to be a day of fasting for religious reasons and they had to have something hearty like pea soup with lots of ham to overcome the fasting day....In the modern days, just pea soup probably became too simple so the Swedish added their favorite dish of 'pancakes.' is what I was told. The Swedish pancakes are thin like crepes and they put lots of berry sauce and whipped cream...Very good!

Gote11.jpg Gote12.jpg

印象的だったのが、このかわいらしいチューブに入ったもの、、、ゆで卵のとなりにあったので何かと思ったら、、、何とたらこマヨネーズでした!パンにつけても食べるようです。私は日本のものだと思っていたのでびっくり!北欧は魚卵系のものを結構食べる文化でした!!

They put this sauce in a tube on boiled eggs and bread. It is made of cod roe and mayonnaise. I've always thought this was Japanese food but it probably came to Japan from the Scandinavian countries. I was surprised that they eat lots of different kinds of fish eggs!
Gote15.jpg

さまざまな国の人々とミーティングをしたり、研修を受けたり、毎日が刺激的でした!

Working with different people from all parts of the globe, getting training, everyday was very exciting!
Gote8.jpg Gote10.jpg

ホテルの屋上になんと、温水プールがありました。水温は30度以上、温泉のように暖かったです。
感動したのはマイナス20度を超えるような冬でも一年中このような施設が設置されているところにものすごい豊かさを感じました!

There was a rooftop heated pool at the hotel. It was warmer than 30 degrees in the water and it felt like hot springs. I was amazed at the fact that even in minus 20 degree kind of weather, they would have a facility like this all year long! They have a rich lifestyle!

Gote16.jpg

仕事で缶詰ではありましたが、スウェーデンはすばらしいところでした。気候が暖かいときにぜひ訪れたい場所です!
I was in the office all day in meetings but I truly enjoyed being in Sweden.
I must come back when the weather is warmer!!




2013.04.05 Fri l 堀口 紫 l top ▲
2012年12月末の1週間サウジアラビアへ行くご招待を受けました。
ジェトロ(日本貿易振興機構)のミッションとして、日本で活躍する中小企業尾女性経営者が選ばれ、現地の視察をしてきたのです。

In December of 2012,I was invited to go to the Kingdom of Saudi Arabia (KSA) on a government mission for one week.
As a mission of JETRO(Japan External Trade Organization), they invited Japanese Women
Entrepreneurs of small to midsize companies and visited universities, schools, business organizations.

サウジアラビアはイスラム教の聖地でもあるメッカが存在する国です。それだけにイスラム教国の中でも最も厳格な文化を持っています。
KSA has Mecca, the holy place for the Islamic Religion, thus having a strict
traditional Islamic culture.

私たち日本人がサウジアラビアに行きたいと思ったら、「イスラム教徒に改宗して巡礼ビザをとる」または、「現地の企業からのお招きを受け、ビジネスビザをもらう」手段しかこの国には入国できません。この国は観光としては開かれていないのです。イスラム教の「分離主義」から女性となるともっと大変です。
For us Japanese to visit KSA, we either need to get a 'Pilgramange visa after becoming a Muslim,' or obtain a 'Business visa through an invitation from a company or an organization in KSA.' This country is not open for 'tourism.' And because of the Islamic 'segragation,' it is even harder for women foreigners to visit this country.

このような中、この国を訪れることはとても貴重な体験でした。
この国は外国人であっても女性はアバヤという黒いマントみたいなものとスカーフをしなくてはなりません。
もし公衆で私服でいたら、「宗教警察」(風紀委員みたいな警察)に厳重な注意、または罰金が生じます。
It was such a special experience to be able to visit this country.
Here, even us foreigners need to wear a black 'Abaya' with a scarf around our head. If we were to walk in public in our own clothes, we would either be warned or punished by the 'religoius police.'
abaya.jpg
家の中や、室内で女性だけの集いの場合は、アバヤを脱ぐことができます。
Insie households or a closed gathering of women only, then we are able to take our Abayas off.

現在の国王は、この国にオイルマネーがなくなっても存続できるように、、、と教育にものすごく力を入れています。なんと国費で14万人もの学生を世界中に留学させています。
この国がすばらしいのは、公用語がアラビア語と英語、多くの大学では完全に英語での授業を行っています。そして流暢できれいな英語をみなさん話します。
The current King is adamant about the Kingdom being able to survive without being dependant on the oil money. So he is investing a lot of money into 'education.' KSA currently sends 140,000 people to study abroad and pays for everything.
One other thing about this country is that their official language is 'Arabic' and 'English.' Many universities conduct all of their classes in English and many people speak fluently.

サウジは建設ラッシュ。金融街や国立大学などの教育機関などをどんどん建てています。
このように砂漠地帯が大半ですが、内陸の高地では緑が豊かで、野菜も自給できているとのこと、、、驚きました。スーパーでは東京以上に野菜が豊富だと思いました。
There is constructions sites everywhere in KSA. They are building Finance districts, national universities and educational facilities.
As you see here, it is mainly desert, but the inland has high altitute and most of their vegetables are domestically grown. At supermarkets, I saw a lot more vegetables than a typical supermarket in Tokyo.
サウジ1

首都のリヤド市内は常に渋滞しています。10キロくらいしか離れていない場所でもいつ到着できるかわからず、スケジュールを組むのが大変です。この国では女性の運転は禁止です。そして公共の交通機関もありません。女性は親族(お父さん、ご主人、お兄さんなど、)または、雇っている外国人の運転手に車に乗せてもらう以外は移動手段がありません。4年後には地下鉄ができる予定なのですが、女性専用車両、女性の駅員の配備など、いろいろと考えなくてはいけないことがたくさんあります。
In Riyadh, the capital, there is a constant traffic jam. Even to travel 10km, it is hard to judge time so very difficult for scheduling. This country prohibits women from driving. In addition to that, there are no public transportation. Women either have to be given a ride by their relatives (father, husband, brother) or a foreign driver they have hired. In 4 years they plan to have an underground subway, but then they would need a women only car, hire women workders at the stations so many issues to be solved.
サウジ3

「目からうろこの体験」

プリンススルタン大学(私立の女子大)に訪問してきました。
女子大では、学生のみならず、学長、教授陣、職員、全員が女性です。
「男女間の差別」すら存在しない世界なので、彼女たちは、その感覚すら知らないし、きっと理解できないことなのでしょう。
初めて訪れた先のこの施設での印象は、女性が本当に輝いていました!
その理由は、1960年代後半から1970年代、になって女性が高等教育を受けれれるようになり、女性が社会で働けるようになったのもこの数十年なので、「やっと私たちに与えられた権利とチャンスだから、、、、」という夢と希望を持っている様子でした。
日本の女性も活躍している方が増えてきたとは言え、あれほどまでに輝いている人々のエネルギーとパワーはなかなか感じることができません。
もしかして、女性が初めて選挙権などを得られるようになった60年くらい前はもっと女性が輝いていたのかもしれませんね。日本の女性に改めてエールを送りたくなりました!

A shockingly suprise......in a good way,,,,
We visited Prince Sultan University (All women's university).
In the university, not only the students but the Dean, professors, people in the administration are all women. There are no such concept as 'discrimination between men and women.' They probably can't understand the concept because in a way, it doesn't exist.
This first organization we visited, the ladies all had stars (sparkles) in their eyes.
Due to the fact that it is only in the late 60's and early 70's, it became possible for women to receive higher education and work in the society. They feel 'We finally have the opportunity to study and work!' is the notion behind the high motivation. They have hopes and dreams. Thee are many Japanese women in the workforce and politics now but unfortunately, I do not feel this 'assertive, full of hope' energy from them. Maybe, just maybe back around 60 years ago when Japanese women were first given the right to vote, they were more motivated....I'd like to take this opportunity to give cheers to the Japanese women.

サウジ4
サウジ5
学生が結婚して、子供が生まれても学業に障害が内容にと校内に託児所があります。「結婚は何の障害にもなりません!」と力強く言っていた女性が印象的でした。
Even after the students get married and have children, they can continue with their studies. There are day care centers inside the school facility. ' Marriage is not an obstacle to anything!' was truly a moving concept for me.

saudi1.jpg

サウジのみなさんは、どこへ行ってもすてきなおもてなしでお迎えくださいました。サウジコーヒー(クミンなどが入ったスパイシーな漢方薬のような味のコーヒー)とデーツが必ず出てきました。
Everywhere we went, the Saudis welcomed us with great hospitality....Saudi coffee (a spicy cumin flavored herb coffee) and dried dates....
サウジ11



2013.02.27 Wed l 堀口 紫 l top ▲
NLPを学び始めたばかりの方は、なかなかNLPで言う「リソースフルな体験」(心豊かで、楽しかった、自信になった、嬉しかった、喜ばしいこと)が理解しにくいようです。
どなたでもリソースフルな体験は人生の中で多かれ少なかれ経験しています。ただ単に、言語としてのラベル付けをしていないために、認識できていないだけなのです。

人間は自分とは違う人が「リソースフルだな」と感じる出来事を知り、モデリングすること(自分に取り入れること)により、より豊かな体験を作り出すことができるようになります。

今回は、私が「リソースフル」と感じる出来事を中心に書いてみます。

When one first starts learning NLP, some people find it difficult to know what it menas to be 'resourceful.'(an event one felt happy, abundant, rejuvenating, etc ...)
Everyone in their lifetime has some what experienced a sense of 'resourcefulness.' They just never put a language to that experience in order for them to recognize it.

Human beings will be able to create a more abundant feeling by modeling (taking in) what other people perceive as their 'happy' experience.

In this issue, I would like to share some of my 'Resourceful' experiences.


「朝焼け」
夏は日の出が早くあっという間に炎天下になってしまうため、ランニングするためには、4時50分起き。5時から10キロ走ります。この一度しか見れない美しい風景を見れた時感謝の気持ちで一杯になります。
"Dawn"
In the summer time, sun rises very early and gets too hot for running later on, so I get up at 4:50am to get my 10km running. This precious moment of seeing a special scene, gives me a great sense of 'gratitude.'

sum1.jpg

「家族」
主人がやっと3日間の夏休みを取り、私の父と娘の4人で軽井沢へ行きました。無条件に笑えて、愛せる人々とともに時間を過ごすは本当に幸せです。
"Family"
My husband finally took a vacation,,,,3 days.. My father, my daughter, the 4 of us went to Karuizawa. To spend time with people you can laugh and love unconditionally is a time of absolute happiness.
IMG_1933.jpg

「ナイトスケート」
夜の東京の街をライトをつけてインラインスケートで滑りぬけます。真っ暗な中全身を使って滑る感覚は自由開放を満喫できる瞬間です。
"Night Skate"
Inline skating through Tokyo at night with lights on. While skating into the darkness, I feel a true sense of liberation and freedom.
skate.jpg

「滝」
滝には目がない私です。滝のそばに行くと、その音、水しぶきから感じる涼しさ、何とも言えない浄化感に包まれ、心が洗われるような清涼感を感じます。
"Waterfalls"
I have a strong desire to see them somehow. When I get close to a waterfall, the sound, the cool breeze from the spray of the water, makes me feel cleansed. It really feels like my soul gets cleaned up.
waterfall.jpg

「カップケーキ」
自分が食べるというよりも作っている時間が好きです。子どもから大人まで喜んもらえる瞬間が嬉しいです。
"Cupcakes"
Not so much the eating part but the making part is what I really enjoy. From kids to adults, they are very happy to be having them....I feel happy from that.
cupcakes.jpg
2012.10.03 Wed l 堀口 紫 l top ▲
毎年8月は、NLPの学びを深めるために海外に勉強しに行くことにしています。
今年は、言語学の領域のLABプロファイルのトレーナーコースのコーチとしてのトレーニングを受講するため、カナダのトロントまで行ってきました。
トロントは私が8歳から14歳まで育った場所でもあるので、私にとっては、格別な場所です。

Every summer in August, I usually go abroad to enhance my NLP studies.
This year, to deepen my linguistics area, I went to Toronto, Canada to take the Coach training for the LAB (Language And Behavior) Consultant/Trainer Certification Program.
I grew up in Toronto from the ages of 8 to 14, so this is a very significant place for me.
Toronto1.jpg
こちらはダウンダウンにあるトロントの市役所。なんと私と同い年の1965年生まれ。フィンランド人の建築家のデザインです。時代を超えても廃れない洗練されたラインは美しいです。冬は前方にある噴水エリアがスケートリンクになります。
This is Toronto's City Hall. It actually is the same age as me, opened in 1965. The architecture was desgined by a Finnish architect. This design to me is timeless, sophisticated and the lines are absolutely beautiful! In the wintertime, the front water part becomes an ice skating rink.

お勉強以外で、今回の旅で私がどうしても実行したかったこがありました:

1.小さい時に訪れたすごく楽しかった場所に再び行ってみること
2.小学校の時の幼なじみに会うこと

父はノリタケカムパニーという当時は陶磁器を中心としたメーカーに勤めておりました。
貿易部にいた彼は、タイのバンコックの次の海外勤務がカナダのトロントだったのです。

私の両親の教育方針の中で、徹底していたことがあります。
それは、「カナダにいるのだから、カナダらしい体験を子供たちにさせること。」でした。

土曜日の日本語の補習校以外はカナダの学校へ通い、現地の子供たちと遊び、生活をしました。
フィギュアスケートを習ったり、カヌーキャンプへ行ったり、合唱団やブラスバンドなど、学校以外の活動を満喫したのを覚えています。

今思うと、両親のこの考え方のおかげで、私と妹はカナダという国の文化をフルに吸収することができました。言葉のみならず、カナダ人の考え方が備わっています。カナダの人というのは本当に人間が親切です。

カナダ滞在中に家族で行った、アルゴンキン州立公園でカヌーに乗ったことが今でも私にとってはリソースフルな体験で、その場所へ行ってきました。


Besides the Linguistic studies, there were 2 things I absolutely had to do on this trip:
1. To re-visit the places I went to when I was a little girl and reminisce.
2. To visit old friends back from my grade school.

My father used to work for a Japanese manufacturer specializing in ceramics and chinaware called Noritake Co. After being in stationed in Bangkok, Thailand, his second overseas project was to head the Canadian operation in Toronto.
My parents were quite adamant about letting the children experience a real 'Canadian Lifestyle.'
Besides going to Japanese school on Saturdays, we went to a local public school, played with the local children. Taking up figure skating, going to canoe camps, joining choirs and school bands....we truly enjoyed the extra curricular activities outside the school.
When we think back, I truly owe to my parents that my sister and I are not just billingual, but bi-cultural as well. Canadians, generally speaking, are very nice people.
While living in Canada, I remember we had a family trip to Algonquin Provincial Park and riding in a canoe,,,,,that experience was truly a resourceful memory for me.

Algonquin6.jpg
38年前に家族で訪れたアルゴンキン、、、、当時はそんなに美しいとは思わなかったのに、今は恐ろしいくらいその自然の雄大さに魅了されました!
This is Algonquin Park the family visited 38 years ago,,,,,I didn't realize it was so magnificient and special,,,but now, the beauty was way beyong my memory!


Alogonquin.jpg
Algonquin Park,,,懐かしいという思い以上に、新しい場所に来た感じだったのが驚きでした。
とにかく「美しい!!」

Instead of `a bringing back old memories` type of feeling, it felt like I've come to a new place that I've never visited before!,,,,Absolutely breathtaking!

Algonquin9.jpg
ウェットスーツを着て、泳いでみました。標高の高い山はあまりなく、湖の深さもあまりないため、水温は意外と穏やか、本当に泳ぎやすかったです。
I actually put on a wet suit and swam in the lake. The altitude of the place is not that high and the depth of the lake not too deep, so the water temperature was quite moderate and comfortable to swim in.

夏休みのハイシーズンだというのに、湖は貸切状態、、、、贅沢なものです。
Though, in the midst of a summer vacation season, we had the lake all to ourselves! Very special!
Algonquin8.jpg

Algonquin10.jpg
朝もやの中のカヌーはこの世のものとは思えない夢心地気分に浸れる体験でした。
The canoe in the morning fog,,,,it was like being in a dream world, too good to be true type of feeling!

Algonquin11.jpg
森の中に何か物体が、、、、、、
There was something in the woods,,,,

何かと思ったらなんと、Canadian Moose、ヘラジカでした。
カナダに住んでいた時には一度も見たことが無かったので、感激!!
角がないので、たぶん赤ちゃんだと思われます。
It was a Canadian Moose.
I had never seen one before so I am very excited!!
Since it didn't have an antler, it was probably a baby.
Algonquin2.jpg

小学校5年生の時からの親友、トレイシーが2時間もかけて会いに来てくれました。
当時から前向きで明るくて人を引き付ける魅力を持っていた彼女は、今でもまったく変わっていません。
人って、10歳くらいまでにほぼ人格が形成されるのかもしれません。

My best friend, Tracey from grade 5, she drove 2 hours to see me.
She had always been positive with energy that attracts a lot of people,,,,she had not changed at all,,,,, maybe humans become quite complete by the age of 10!
Burlington3.jpg

当時のトレイシーとの1枚。貴重な写真です。
Back in grade 6 with Tracey, a very special photo!
Toronto3.jpg

コーチトレーニングは12日間、朝8:15分から夜の7:30までしっかりあります。毎日、脳みそがぱんぱん状態でした。
英語でグループをリードしたり、ファシリテーションする体験は私にとって今までで最もハードルの高いものでした。毎日気持ちがジェットコースターのように上がったり下がったりの連続でした。終了後は自分が生まれ変わったのかと思うくらい大きくなったことを実感しています。チャレンジしてくださったシェリー先生に感謝、確実に限界を超える体験でした。

The coach training was 12 days, from 8:15am to 7:30pm. Everyday I used my brain to the fullest. Leading and facilitating a group in English was one of the most challenging experiences of my life! Every day my emotions were going up and down like a roller coaster. After the training, I felt like I was re-born and truly acknowledged the fact I became a bigger person. Thank you Shelle, for challenging me beyond my limits!

Burlington1.jpg
世界中から集まった受講生、それぞれの国でこのLABプロファイルを教えています。
Seminar participants from all over the world, they are teaching the LAB profile in their countries respectively.

今後の私のトレーニング、さらにパワーアップして行きます。
乞うご期待!!

My trainings will be more enhanced and powerful....





2012.08.22 Wed l 堀口 紫 l top ▲